渡米後:生活お役立ち情報

 

アメリカ生活お勧めアプリ

地図・ナビ・タクシー

1. Google Maps: 地図や渋滞を検索できます。行き先を検索すると、現在地から行き先まで公共交通機関も含めての最適ルートが表示されます。到着時間の予測もしてくれるので車の運転に便利です。

2. UBER: 今、アメリカで一番便利なタクシーサービスとされるUber。アプリをダウンロードして情報を登録しておくと、タクシーが必要なときはアプリを開いて地図をタップすれば近くにいるUberの契約ドライバーが駆け付けてくれます。料金はアプリで自動的に決済するので、車内でドライバーと直接お金のやり取りは発生しません。料金はチップ込みで比較的安価で、安心して利用できます。

3. The Weather Channel: 各地の天気予報情報を確認できます。

4. Waze: 運転用ナビ。渋滞状況によってその時に一番早く到着できるルートを表示してくれます。警察情報、渋滞情報等を詳しくお知らせしてくれます。

生活情報

1. YELP: 飲食店の情報、口コミ、レート、価格帯、写真などが見れる日本の食べログのようなアプリ。飲食店以外のお店や施設の評価もあります。

2. Menu Page: レストランのリサーチ、メニューなども検索できます。

音楽・映画・読書

Pandora Radio: 好きなアーティストを検索すると、そのアーティストの他にも関連した曲を聞き続けられます。Like、Dislikeを通知することで、時間をかけて自分好みのストリームにすることが可能な優秀音楽アプリでう。

Kindle: 本のダウンロードが可能です。

Hulu Plus: 月額払いになりますが、映画やテレビが見放題です。

Netflix : 月額払いになりますが、映画やテレビが見放題です。

店舗特典

STARBUCKS: スターバックスのメンバーズアプリ。支払いもアプリから可能でポイントも溜まり、お誕生日特典もあります。

オンラインお勧めサイト

【生活用品/通販・オンラインショッピングのみ】

Amazon.com

オンラインショッピングが専門の世界最大のオンラインディスカウントストアです。品によって、カスタマーレビューが豊富でしっかりしているので、商品の評価や信頼度は他社よりも高いです。 家具、ファッション、食品、あらゆる日常生活用品を安く購入する事ができます。

Overstock

アメリカでは大手会社のオンラインディスカウントストア。インテリア用品・家電・衣料品などを中心に数多くの商品を取り扱っています。

【生活用品/オンラインショッピング+店舗】

Target

アメリカでは大人気のディスカウント百貨店チェーン店です。生活用品から家具まで様々なサービスを展開しています。オンラインショッピングでも手軽に利用できます。

Walmart

世界最大のスーパーマーケットチェーンであり、売上額で世界大のディスカウントストアです。最近では、オンラインショッピングもお手頃に購入できます。ただし、商品の品質は比較的低いと言われています。

Wayfair

【食品デリバリー・配達】

日用品から生鮮食品、食料品などをオンラインで注文して、自宅まで直接宅配してくれるサービスです。スーパーに買い物に行かなくても良いので、お忙しい方には大変便利なサービスです。

Fresh Direct

Peapod

Blue Apron

Delivery.com

【注文・テイクアウト/オンラインデリバリー】 日本食 オンラインショップ

全米から注文可能です。(ハワイとアラスカを除く)

マルカイ eSTORE

マルカイ eSTOREの詳細はこちら

配送日の目安:西海岸にお住まいの方は4日以内、東海岸にお住まいの方は8日以内に届きます。 1回のオーダーの重量は60 lbs(27.22kg)までとなっています。

ミツワオンライン

ミツワオンラインの詳細はこちら

ミツワの店舗が近いエリアには、比較的安い配送料で生鮮食品(クール便)購入も可能です。

富士山.com

富士山.comの詳細はこちら

日本の雑誌の定期購読・コスメ・日用雑貨等の販売を行っております。購入総額$40以上で送料無料。

 

お部屋のお手入れの方法に関する注意事項アドバイス

アメリカのお家のお手入れ方法や、洗剤、はじめは何を使ったら良いかはじめは戸惑うのではないでしょうか。 部屋の間違った手入れや掃除はかえって材質を傷つけ、大掛かりな修復作業が必要となります。 原状回復せずに退去すると修復作業代はすべてセキュリティデポジットから差し引かれます。正しい洗剤を使って正しい手入れをしましょう。

1 キッチン

キッチンのひどい油汚れ、またカウンタートップの焦げ跡・包丁の切り傷等は、wear & tear(消耗)とみなされません。通常ひどい油汚れには、Heavy duty clearing といわれる汚れおとしの作業が必要となり、$300~$400かかる事があります。また、カウンタートップの焦げ跡、包丁での切り傷などは、たとえ小さくてもその箇所だけ部分的に修復することは不可能なため、全取替えとなり$1,000~かかる事があります。日ごろのケアーをお勧めします。

換気を良くするため、料理中は換気扇を回しましょう。また、換気扇はこまめに掃除しましょう。

カウンターに直接厚い鍋・フライパン等を置くと後が残るので、鍋敷きを使用しましょう。

撤去前には油とり専門のプロクリーニングを手配することをお勧めします。

食器洗い機には、必ず専用の洗剤をしようしましょう。間違って手伝いようの洗剤を使用しると、泡で床が水浸しになります。

2 バス/シャワー/洗濯洗剤

シャワー使用後はドアを開けておき、完全に湿気がとれるまで換気扇を回しましょう。

シャワー後に、タイルやシャワーカーテンにシャワークリーナーをスプレーするとカビ予防になります。

シャワー後に濡れたまま歩きまわると、床が水分で黒ずんだり、カビが発生しますので、注意しましょう。

トイレの便器の水垢防止には、使い捨て洗剤付きブラシが便利です。

High Efficiency 用の洗濯機をご利用の場合には、”he”のロゴのついたHigh Efficiency用の洗剤のご利用をお勧めします。

木製家具・床 床を水拭きするとコーティングがとれてしまい、水分を吸収して黒ずむ箇所が出てきます。これは、wear & tear とみなされず、$300~$500(1ベットルーム)ほどの修復費用が発生しますので、フローリングの床は、必ず乾拭きで専用クリーニングを使用しましょう。

家具付き物件は1~2週間に一度プロのクリーニングサービスをご利用されると、家具のダメージを最小限に抑えることができるのでお勧めです。

ペットによる傷跡はSecurity Depositから差し引かれる対象となります。特に床の痛み、においなどの修復作業に多大な費用がかかるためSecurity Depositの金額が通常より1~2ヶ月多く要求されます。

3 その他

エアコンを窓を開けながら長時間使用すると外気の湿気が凝結し、床が水浸しになり、ダメージにつながります。 (⇒エアコン使用中は、長時間窓を開け放しにするのは控えましょう。)

プラズマTV設置等で壁に穴をあける場合は、ビルのマネジメント会社を通して行いましょう。

クリスマスチップについて

アメリカでは、クリスマスの時期にビルディングで、日頃お世話になっているスタッフにチップを渡す習慣があります。ボーナスのない彼らにとっては、待ちに待った年に一度のスペシャルイベントなのです。

物件によっては、コンシェルジェやスーパー、ドアマンを始め、ハンディマンやポーターを含めた名前のリストを渡される事があります。相場に関しては、以下のリストを参考にお世話になったり、顔を合わせた頻度、お世話になっている頻度に応じて決める事をお勧めします。

相場

  • Superintendent / Building Manager / Property Manager: $50~100
  • Concierge: $25~50
  • Doorman: $20~40
  • Handyman: $20~30
  • Porters: $20~30
  • Postal Worker: $20~30
  • Sanitation Engineers: $20~30

組織構成上では、Superintendentが責任者にあたり、コンシェルジェ・ドアマン等は彼のスタッフという位置付けです。さらに、コンシェルジェが数名いる場合はHeadがいますので、Headに一番多くあげると良いでしょう。

タイミング

支払い時期は通常クリスマスの1週間前から始まり、今年なら12/15~が適当です。 出張、又は休暇に入るときは、もちろんその前でもOK!

渡し方

小さな封筒にキャッシュを折りたたんで入れて渡します。ご自分の名前とお部屋番号を明記しましょう。ご家族の場合は、「The Yamamoto’s」とすると「山本家」という意味になります。キャッシュの場合は1人1人手渡ししますが、チェックにしてコンシェルジェにまとめて渡して配ってもらう方法もあります。この時期はスタッフの皆さんも期待してうろうろしてますので、タイミングをみて渡したり、ドアマンかコンシェルジェに声をかけてスタッフのみんあを集めてもらって一挙に渡す事もあります。慣れない日本人にはちょっと勇気がいるかもしれませんが、直接渡されたほうが、より印象に残りますし、日ごろの感謝も伝えやすいので、是非おすすめです。

年末の出費がかさむ時期ではありますが、ビルディングスタッフに感謝を示す数少ない機会のひとつです。来年も気持ちよくサービスしてもらえるように、是非この習慣を利用してみてくださいね!